電子書籍リーダー Lideoが当たり、電子書籍についての雑感。

最近では、普段の読書はほぼKindle paperwhiteで、あとは図書館で借りることが多い。雑誌もあまり買わなくなったので、僕自身が本屋さんに行く機会があまりなくなった。

先日家内が雑誌を買いに三省堂書店に行くということで、一緒に行った。雑誌を買ったところ、三省堂と電子書籍ストアBookLive!が電子書籍リーダーLideoを抽選でプレゼント言うキャンペーンをやっていて、せっかくだからと応募してみたらあたった。で、手元に来たLideo。左側はずーっと使っている初代Kindle paperwhiteで、右側がLideo。大きさや外見的にはあんまり変わらないという感想。

kindle paperwhiteとlideo

Lideoはもう販売をしていないらしい。あまり売れないのか。このキャンペーンで在庫処分な感じなのか。

普段からamazonを利用しているので、新たに端末が手に入ったからと言って、BookLive!から本を買うようになるかといえば「?」ではある。無料で手に入る青空文庫専用とか、そういう使い方もきっとあるに違いない。

話は少しLideoからはずれる。電子書籍はKindle paperwhite初代から使いだした。だから、数年の利用歴。この間で、本の買い方はだいぶ変わった。(権利的な話はここではおいといて)

大抵の本は、電子書籍。Kindleで読む。買った本がほとんどそこに入っている安心感と、家で本を置くスペースを取られないことから、これからはどんどん電子書籍化が進むと思う。

ただ、紙の本も買うことがある。それはhow toものや図解の多いもの。その手の本は、最初からシーケンシャルに読んでいくというよりも、あちこち飛びながら読むというよりも見ていくことが多い。3ページ前に戻りたいときには電子書籍だと3回フリックを繰り返すか、わざわざページを3ページ分戻して設定しなければいけなかったり、ちょっと面倒。こういう使い方は紙の本の方がいい。

電子書籍が強いのは最初からシーケンシャルに読んでいくタイプ。だから小説とかは絶対的に電子書籍がいい。ビジネス書なんかでも図案の少ないものは電子書籍の方がいい。

あと、本屋さんに行ったときに思ったけど、売れ残った本って「紙」としてももったいないよなぁ、と。電子書籍だったら、そういうのはない。いつまでも売れるし。

電子書籍はまだまだ伸びるだろうけど、紙がなくなるわけでもなさそうだし、端末もまだまだ進化していくだろうと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする