庭の桑の木に「クワコ」がたくさんついている…

うちの庭には桑の木があります。うちは戸建賃貸で、引っ越してきたときにはすでにあったので以前に住んでいた人が植えたのか、鳥の糞に種が混じっていたのか、そんな感じでだいぶ大きくなっています。

桑の木

冬にはまるで葉っぱがなくなり丸坊主になりますが、春先からどんどん緑が増えます。それと同時に、虫が付きます。葉っぱがおいしいんでしょうね。

うちの桑に毎年たくさんつくのが「クワコ」と呼ばれるもの。調べてみると蚕(カイコ)の祖先だそうで、確かに似ています。桑についている状態では保護色で最初はなかなか見つけられませんでした。地面に大量の糞が落ちていてついていることに気づくのですが…。今では慣れたので割とすぐに見つけられます。

ってことで、見分け付きますでしょうか。

クワコ1

クワコ2

2枚目はちょっとピンボケですみません。

命を守るための保護色。ホントすごいなって思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする