知ってるようで知らなかった、PDCAをようやくわかったかも

「PDCA」って言葉を知らない人はあまりいないと思う。

僕も、言葉としては知っていたし、Plan,Do,Check,Actionというのも知っていた。どんな風に使っていくのかも知っている気がしていた。でも、そうじゃなかった。


最近、「PDCAを高速で回せ」みたいな表現をみる機会が増えてきた。

ふ~ん、と思っていたけど、一応自分でも事業をしているので、自分でもやってみようかなと思うようになった。けど、いざPDCAを回してみようと思うと、なにも思い浮かばない自分がいた。

PDCAって、実のところ一体なんだ?

ということで、図書館のwebサイトで「PDCA」検索をして、数冊出てきたのですべて予約。結構予約している人たちがいて、すぐに手に入るものはあまりなく、しばらく待ち状態。そして一冊目がきた。

ざぁ~っと読んでいくと、Pではどうして、Dではどうして…と続く。それはなんとなくわかっているつもりで、でも、それではPDCAが回せるとは思えない。

で、最後の方にようやく気付いた一文が。

「PDCAは改善のためのツール」

あっ、新しいものを想像するためでも、直接お金儲けをするためでも、そんなことではなくて、何事に対しても「改善」するためのツールなんだ。

今更ようやく気付いた自分がいて、その本にだって最初から読み直すと何度も書いてある。だから、何か違うものとしてのイメージが頭の中にこびりついていて、上手く読み込めなかった。

改善のためのツールだ。

その最初に読んだ一冊は、そこまでが既にちゃんと理解できている人のためのものだった。僕みたいにPDCAがどんものなのかちゃんと理解できていない人には、当たり前のことが書いてあるけど、でもできない状態になった。

次に、では実際に回すためのことが書かれている本はないかなと探してみる。図書館に予約しているのはどれも人気なようで、まだまだ順番が来ない。だから、アマゾンで探してみた。

で、見つけた。PDCAを回すためのことが書かれている本。

読んでいくと、当たり前のことなんだけど、なかなか行動に移せない話。PDCAのシートを作って、すべて可視化していきましょうと。シートを作ってしまえば、あとは記入していくだけなので、続けられますよ、と。

で、シートを作った。これ僕にはかなりフィットする。微妙にカスタマイズはしていると思うけど、本に書かれているようにシートを作って、いつもそれを開けておきながら仕事をしている。

すると、自分がどれだけ自分の作業量の見積もりができていないのかとか、無駄なことをしていたってことが浮き彫りになってきた。これで段々と自分の仕事の仕方は改善していくと思うし、徐々に高速で回せるようになっていくと思う。

あと、PDCAは時代遅れで、これからはooda(ウーダ)の時代だという話もあるようだ。

世の中は常に変化しているので、それに合わせて方法論もどんどん変化していく。だからPDCAから次の考え方へというもの。

それはそれでいいと思う。ただ、PDCAが日々のルーチンワークでは使いやすいし、単純だ。その分継続しやすいと思う。それはそれで使っていけばいいのかなと。

いずれにせよ、実行していかないとなにも使い物にはならないなと。

しかし、図書館のPDCA本にあんな予約が入っているとは。どうにかしたいと思っている人がたくさんいるということなんだな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする