AIスピーカー、Google Homeを職場で使い始めた。その感想とか。

最初にAmazon echoの手配に動いたけど、まだ招待メールが来ない。そんななか、Google Homeの半額キャンペーンがあったので、先にGoogle Home miniを買った。

Google Home mini

で、Google Home miniを自分の職場の治療院で使い始めた。一番の使い道は、予約スケジュールのチェックとタイマーとアラーム。

別に、AIスピーカーじゃないとできないことではないけど、使い始めると後戻りできない感じ。

使ってみて思うこと

予約管理ってネットも使ってみたりいろいろやったけど、今の規模感だと紙一枚で管理するのが一番速くて正確。そこで紙一枚で管理したうえで、あとでネットからも見られるようにtodoリスト化していた。

AIスピーカーの導入で、このtodoリストを聞けば答えてくれるようになった。これが想像以上に便利みたいで、ちょこちょこ予約の時間確認をしている自分に気づく。何かのイベントごとを覚えなくてもいいって、すごく気が楽ということなんだなぁ。

アラームは今までほとんど使わなかったけど、気軽に頼めるとなると使うものだ。例えば、予約が11時だったら、「10:50アラーム」とか。これで時計を気にしなくなってきた。人によるかもしれないけど、自分の場合は常に時間を気にしていたようで気にしなくていいってかなり気が楽。見えないストレスにもなっていたかもな、という感じ。

弱点というか欠点

声(音)を媒体にアクセスするものということ。便利な面とだからこそ気にしなきゃいけないこともある。

予約のチェックは、近くにいるお客さまにも聞こえるということ。お客様の名前を登録しておくとこちらはわかりやすいけど、お客さまにもわかっちゃうかもしれない。個人情報がシビアになってきている現状では利用方法を考えないといけないかも。

あと、まだAIスピーカー慣れしていない人がほとんどで「OKグーグル!」っていった途端に自分が何か言われたのかと思って返事をしてくれて音がかぶり、Google Homeにコマンドがうまく通らないといったことも起きた。

使い勝手的には、タイマーやアラームの通知が言葉でないというのがイマイチ。タイマーやアラームの終了で「15分たちました」とか、「アラームの○時です」みたいにいってくれたほうが自分としてはうれしい。改善してくれないかな。

あと、あまりないかもしれないけど、何かの拍子にwifiが切れると動かなくなる。そういうことがあるってことを一応認識しておいたほうがいいかもしれない。いざというときのバックアップ体制というか。

まぁ、まだできたての技術ではあるので、今後どんどん使いやすくなっていくはず。

まとめ的な感想

新しいものが出てくると、かなりず否定的な意見は出てくる。それでも技術は進歩し、否定的な意見を持っていた人でも時間がたてばそこからの利益を享受していたりする。

現時点では、いろいろ問題もあるのかもしれない。でも機能の一部、自分にとって便利なことだけでもガシガシ使ってみると、それはそれで世界観が変わってくるものなんだと思う。治療院という環境でもそれなりにフィットして使えているので、どんなところでも使えるんじゃないかなって思う。

今までは、本当に先進的なものはリリースされてもすぐには手に入れられないことが多い。価格が高かったり、数が少なかったり。でも、Google Homeは違った。キャンペーンで3,000円という価格で一気に売りさばいた。時代が変わってきている。

商売している人は、試しに使ってみたほうがいいよ。飲み代一回分でしょ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする