ガイコツ模型

一般家庭にはないであろう、骸骨の模型。学校の理科室では定番だろう。

治療院とかだと、縮小モデルではない人の大きさのものとなると、ないところもありそうだ。

骨模型

うちにあるのは、模型。骨一本一本はプラスチックか何かで出来ている。「うちにあるのは…」と書いたのは、本物の骨の模型も世の中には存在するのだそうだ。

個人的は見たことないけど、あるらしい。どうやら表の世界とは離れたところで作られるとか…。

医療用具屋さんとかのカタログを見たって、当然「本物」は載っていない。でも、実際にあるらしい。

しかも、骨一本一本が違う人のものだったりするとのこと。男女で骨格は微妙に違うけど、それも混在していたりするらしい。

材料となる骨は、戦場で集められてくると聞いた。それを組み立てて一人分を組み上げるのだとか。

文章全部を聞いた話のように書いたけど、実際に全部聞いた話。どこまで本当か嘘かはわからない。でも、話の感じからいって本当だろうなぁ…。

手に入るお店も、表のお店ではなくて「どこどこのなんとか」みたいに聞いた。そこは全然覚えていない。

まっ、そんなことも世の中にはあるんだってことで。模型を見たら、本物かどうかを確かめてみてください。まず、ほとんどは模型なはず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする